イントロダクション
作品紹介
原作は、作家ダニエル・キイスが1959年に発表した同名小説。日本でも発行部数300万部を超える名作であり、小説を元に、アメリカ・カナダ・フランスで映画化され、日本でも2002年、2015年にテレビドラマ化されている。
ミュージカルとしては、2006年2月、日本初演を果たし、2005年"菊田一夫演劇賞(浦井健治)"などに選出。また2014年の上演時にも大きな話題となり、人々の心に深く刻まれた傑作ミュージカルとなった。
2016年には、中学・高校の先生の投票で、「今一番生徒に読ませたい本」を選ぶ文学賞「君に贈る本(キミ本)大賞」を受賞。
そして、2017年春、このたびキャストを一新して新生「アルジャーノンに花束を」の上演が決定!
あらすじ
32歳になっても幼児なみの知能しかないパン屋の店員チャーリィ・ゴードン。
そんな彼に、夢のような話しが舞い込んだ。
大学の偉い先生が頭を良くしてくれるというのだ。

この申し出に飛びついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、
連日検査を受ける事に。

やがて、手術により、チャーリィは天才に変貌したが・・・
ワク上
原作者 ダニエル・キイスに捧ぐ
あなたの愛に満ち溢れた作品に、あなたの独創的な世界に、
あなたの生み出した溢れる個性達に、わたしたちは出会う事が出来ました。
それは、わたしたちの「人生」というものを変える力を与えてくれました。
そして2017年春、あなたの生誕90周年の節目に、
矢田悠祐という新しい才能を迎えミュージカル「アルジャーノンに花束を」を上演します。
世界でも、そしてこの日本でもわれわれの生き方を考え直すような出来事がありますが、
あなたの生み出した「世界」がわたしたちの「表現」でどのように昇華するか、
ゆっくりと見守って下さい。
わたしたちは、この作品とともに歩み続けます。
ミュージカル「アルジャーノンに花束を」 制作カンパニー
ワク下

ミュージカル「アルジャーノンに花束を」

Twitter

Twitter